お知らせ

  • 【第1報】中津市耶馬溪町で発生した土砂災害(2018.4.11)について

    2018年4月11日(水)

    この度の土砂災害により被災された方々へ心よりお見舞いを申し上げます。現地において,救援・支援などの活動に尽力されている方々に深く敬意を表します。 大分大学減災・復興デザイン教育研究センターでは,現地調査を同日10時頃から開始を致しました。人命優先の活動が行われており,災害対策本部と情報共有を行いながら,調査・情報収集を実施しました。ドローンによる調査も実施しています。得られた情報等については提供を行ってまいります。 詳細につきましては,以降掲載をさせて頂きます。 災害発生場所:https://goo.gl/maps/mZxemT7bVFJ2 ※外部リンクで,Google Mapsが表示されます。                        

  • 火山ツアー参加学生募集「雲仙普賢岳の火山災害に学ぶ復興デザイン」※学内限定企画

    2018年4月10日(火)

    火山ツアー参加学生募集 「雲仙普賢岳の火山災害に学ぶ
復興デザイン」 ※注意※ この募集は大分大学学生向け限定企画となっていますので,学外からの依頼,お問合せについてはお受けいたしかねます。ご了承ください。   雲仙普賢岳の噴火による火山災害発生が1991年。近年多発する自然災害の脅威。我々は多様な災害,リスクに対しての備えが求められている。地震,津波,台風,豪雨,土砂崩れ,そして「火山」である。事実,2014年には御嶽山でも人的被害が発生している。新燃岳では未だ活動が収まる気配がみられない。九州には17の活火山が存在する(気象庁HPより)。身近には鶴見岳・伽藍岳,由布岳,九重山,阿蘇山。火山が遠い存在となっていないだろうか? 雲仙普賢岳の火山災害から学ぶことは多い。災害前の備えから災害直後の対応,復旧・復興までのプロセス,そして共有すべきもの。すなわち「復興」とは何か?である。 今回,平成30年1月に常設化された「減災・復興デザイン教育研究センター」では,雲仙普賢岳の火山災害から復興デザインを学び,考えるためのツアーを企画。以下の通り参加者を募集する。   ▶募集フライヤー https://goo.gl/vMcipZ (※学内からのみアクセス可) ▶応募締切 平成30年4月29日(金)17時まで ※詳細,問合せ等についても上記フライヤー(URL)から確認頂けます。    

  • 国交省大分河川国道事務所と連携・協力に関する協定を締結しました(4/5)

    2018年4月6日(金)

    減災・復興デザイン教育研究センターは,国土交通省九州地方整備局大分河川国道事務所の双方が保有する災害関連情報の相互利用,災害に備えた防災・減災に関する取組,調査研究について連携・協力を図ることにより,大分県域の安全・安心なまちづくりに寄与することを目的とし,連携・協力に関する協定を締結しました。 (締結式は,大分大学産学官連携推進機構セミナー室において,4/5(木)9:30-10:00に執り行われました。) 昨年6月のBURST認定後(当時は研究チーム)から双方は連携を密に取り,風水害対策の強化や調査研究における意見交換・情報交換を実施してきており,この度協定締結の運びとなりました。 この協定に基づき,今後は災害に関する調査・研究,防災教育,そして復興デザインに関する取組を強化いたします。特に本年度は「水防災意識再構築」に向けた取組を推進してまいります。 当センターでは,佐伯市とも協定締結を行う予定になっており,今後も関係機関との連携強化を進め,地域の防災力向上に向けた取組を進めてまいります。   大分河川国道事務所・今田所長(右),西園センター長 [本学理事](左)による調印   調印後の記念撮影   小林次長による連携の概要と今後の取組に関する説明   列席者による記念撮影

  • 2

    2018年3月14日(水)

  • 4

    2018年3月14日(水)

  • 3

    2018年3月14日(水)

  • 1

    2018年3月14日(水)

  • 【公募情報】防災コーディネーターの公募について

    2018年3月13日(火)

    (本サイト掲載日/2018.3.13) 下記について、減災・復興デザイン教育研究センターでは防災コーディネーター(1名)を公募します。 なお、詳細については大分大学ホームページ「教職員公募」に掲載されています。   防災コーディネーター(1名) http://www.oita-u.ac.jp/000041220.pdf   <お問い合わせ・書類提出先> 大分大学 研究・社会連携課 社会連携係 担当:藤澤 〒870-1192  大分市大字旦野原700番地 TEL 097-554-8533 E-mail tirenアットマークoita-u.ac.jp

  • 情報更新(センター概要,連絡先)

    2018年3月13日(火)

    センターの概要と連絡先を更新・追加しました。 ▶センター概要 → http://www.cerd.oita-u.ac.jp/center/ ▶連絡先  → http://www.cerd.oita-u.ac.jp/contact/ ※※電話番号,FAX番号については4月からの運用開始予定になっています。

  • 福島復興支援イベント『しんけん、ふくしまからはじめよう』に参加(3/11)

    2018年3月11日(日)

    3/11(日)にJR大分駅広場で行われた生協コープおおいた主催「福島復興支援イベント『しんけん、ふくしまからはじめよう』」に減災センターが「防災・減災」をテーマに出展しました。出展では小林・鶴成研究室を中心に防災・減災コーナーにて,災害調査に利用されるドローンをテーマに,ドローンシミュレーターや機器・地震計の体験や展示,九州北豪雨災害の被災状況などの動画や被災調査等の出展を行いました。 7年前の今日,東北で発生した大震災の光景を目にした私達。あの大災害から何を学んだか,そして今,そして未来に生かすのか。減災センターでは迫り来る各種災害に,減災や復興をテーマとした教育・研究を地域に生かす諸活動を改めて感じた日となりました。 東日本大震災で亡くなった多くの方のご冥福を心からお祈りいたします。