減災カフェ「防災・減災VR」を開催

2019年4月5日(金)

 

2019年4月4日(木)臼杵市観光交流プラザにおいて,減災カフェ「防災・減災 VR」を開催し,約70名の方に参加を頂きました。

第1部 VR×紙芝居×簡易地震体験(対象:〜小3まで)
第2部 VR×ドローン(対象:小4〜中学生)
第3部 VR×ドローン×簡易地震体験 ※自由に体験

当日は,幼稚園園児,小学生から中学生,そして大人の方々が,紙芝居,VRゴーグルを使って九州北部豪雨・地震・火災の映像を体験しました。また,第2・3部ではトイドローンの操作体験,ドローンシミュレータの体験もして頂きました。

 

 

 

 

 

 


本ワークショップは,大分大学減災・復興デザイン教育研究センターの主催,SAPジャパン株式会社および株式会社ザイナスの共催により実施いたしました。
また,実施にあたりご協力を頂きました関係機関に厚く御礼を申し上げます。