「G空間社会の形成と地域空間のデザイン(I) GISの高校必修化と教育先進事例」で事例報告

2019年3月10日(日)

2019年3月8日(金)に開催されたシンポジウム「G空間社会の形成と地域空間のデザイン(I) GISの高校必修化と教育先進事例」(主催:日本建築学会 情報システム技術委員会 地域空間情報デザイン小委員会,会場:東京・建築会館)において,センター長小林が「大学でのGIS教育事例」を報告しました。
主に,GISの教育・研究での活用事例,防災シンポジウムや火山セミナーに関連した活用方法(Esri社ストーリーマップの活用)について,説明を行いました。

http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/g190308.pdf
(※リンク切れ中)